襟足脱毛人気ランキング@評判のサロンを徹底比較

襟足脱毛人気ランキング@評判のサロンを徹底比較

このサイトでは襟足を脱毛する際のポイントと、襟足脱毛を行っているサロンの中でも口コミの評判が良いものをランキング形式でまとめてみました。

襟足を脱毛する際のポイント

襟足のムダ毛を自己処理する場合のデメリット

31耳の後ろ部分にあたる襟足のムダ毛は、ずっと伸ばしっぱなしにすると、どんどん中途半端な長さの産毛が増えていって次第に自己処理が難しくなっていきます。

自分で確認しながら脱毛できない

襟足は、自分の背後部分にあるので、しっかり脱毛箇所にフォーカスしてカミソリや電気シェーバーをあてづらいのもデメリットです。
完璧に自己処理を行うには、襟足部分がよく見えるように三面鏡を用意したり、身近な家族に頼んで手伝って貰う必要があります。

肌を傷める危険性がある

そして自己処理する場合は、ふと力が入り過ぎて周辺の肌を傷付けるリスクが高く、万一剃りすぎてしまった時は襟足の形が変になって収拾がつかなくなるケースも多く、上手く髪型でカバーする事を余儀なくされます。

又、襟足部分は脱毛クリームやワックスを使っても、テクスチャーがひんやりとしてて目や耳に刺激を感じやすく、敏感肌の人ならかぶれや痒みを起こす可能性もあります。

そして自己処理した場合の脱毛効果の維持も1ヶ月は持たないので、こまめに処理を繰り返す羽目になり、却って肌にダメージを与える形になります。

ですから襟足の自己処理は、普段から道具の扱いが慣れていて、且つ完璧な保湿ケアを欠かさずにできる人で、肌の状態が極めて健康な人でないと向いていないでしょう。

襟足のムダ毛処理は脱毛サロンで行うのが無難?!

11襟足脱毛をサロンで行うメリットは、自分の目からは直接見えにくい背面の箇所を脱毛士の資格を持つスタッフに全面的に処理を任せる事ができるので、ベッドにうつ伏せになったまま綺麗に毛量を整えたり減らして貰う事が出来る点です。

襟足は頭の髪の毛との境界線が分かり辛い面もあるので、脱毛初心者の素人が自分で処理すると、納得のいく綺麗な形になかなか仕上げる事ができません。

しかも襟足は、脇や腕と違って全て毛をなくす必要性がないので、髪型とバランスよく自然な形に見えるように、好みのヘアスタイルにデザインする力が求められます。

サロンのエステティシャンなら、何度も襟足の施術を担当しているので、その磨かれた技で個々の髪型に一番似合ったアレンジに仕上げてくれます。

脱毛サロンの光脱毛は襟足に優しい

そしてサロンの光脱毛は、カミソリや毛抜きのように肌の角質を削らずに光の力で間接的に毛を処理していくので、肌に優しいのも大きなメリットです。

脱毛後もアイスパックで冷却するなどの処置が早いですし、保湿トリートメントのメニューも脱毛料金込みでゆっくりくつろぎながら受けられる事から、ホームケアの負担も軽くなります。

襟足の肌を傷めたくないなら脱毛サロンが断然オススメ

耳の後ろの襟足部分は首の動脈とも近くて安全性に気を配る必要がありますし、自己処理の経験がよほどある人でないと成功しにくいので、慣れないうちはサロンに通うほうが断然お勧めです。

襟足の脱毛で、効果の出るまでの期間は?

15襟足を脱毛した時に効果が出るまでの期間は、その人の毛の量や長さにもよりますが、最低1年から1年半通う事で初めて手応えを感じるのが事実です。

実は襟足の毛というのは、僅かに毛が生えたばかりの産毛も入り混じっているので、ツルツルにしようと思えば12〜15回程度(約2〜3年)の脱毛期間は必要です。

毛量が少し減ってきたなと感じる回数の目安は3回目か4回目の施術以降になり、やはり脱毛開始から約半年から1年は掛かるスケジュールになります。

やがて自己処理しなくても毛が思うほどに伸びなくなったなと実感する期間は、7,8回目の脱毛を完了した時くらいなので、脱毛開始から約2年間は長い目で様子を見るのが望ましいです。

襟足を脱毛完了するのには時間は掛かってしまいますが、一旦綺麗にしておけば、どんな髪型もスッキリとお洒落に見せられますから、女子力を頑張って上げたい人は是非一度プロのもとで襟足脱毛を受けてみることをオススメします。

自宅で襟足脱毛する際の注意点

32襟足は、自分の目から直接目の届かない部分で、尚且つ肌が汗でムレやすく乾燥もしやすいので、非常にデリケートな箇所とも言えます。
しかし襟足は脱毛するだけで清潔度がグッとアップし、周囲の肌が明るく映え、髪をアップした時に目立つ後れ毛を何個もヘアピンで留める手間もなくなります。

ヘアスタイルに合うように襟足脱毛する

ただ襟足を自宅で脱毛する時は、過剰な剃毛や抜き過ぎには気を付けて、ヘアスタイルと自然な繋がりが出るように、必ず大きい鏡を見ながら毛量を調節するように処理する事を心掛けないといけません。

できるだけ家庭用脱毛器の使用は避ける

襟足部分は、熱を持ちやすい頭や首筋のすぐ近くにあるので、高温の光で処理する家庭用脱毛器の使用はなるべく避けるのが望ましく、軽量のカミソリを使用するのがまだ安全と言えます。

カミソリはT字型を使う

カミソリも色んな形状の物がありますが、ザクザクと切れ味の良いL字型の物よりは、小回りが利きやすいT字型のほうが手を添えやすく、繊細な襟足には向いています。

きちんと襟足の下準備を行ってから脱毛する

そして脱毛前は、襟足付近の肌をワセリンや美容液でたっぷり潤し、肌が清潔である事をきちんと確認してから施術に入る事をお勧めします。

襟足の毛は色んな方向に四方八方に生えているケースが多いですが、くれぐれも毛流れに逆らって剃る事は避け、余計な力が加わり過ぎないように注意しないといけません。

襟足の脱毛後は紫外線を避ける

ちなみに襟足付近の肌は、日焼けしやすい特質があるので、脱毛して間もない期間に外出する時は帽子や日傘で襟足をガードする事も忘れないようにしましょう。

脱毛エステで行われている襟足脱毛の3つの施術手法

1.フラッシュ脱毛(光脱毛)

08フラッシュ脱毛は、カメラの光のようにピカピカとした優しい波長の光線を使って、ムダ毛の黒いメラニンを吸収しながら毛乳頭や細胞の成長を抑制し、緩やかにムダ毛を目立たなくする手法になります。

フラッシュ脱毛のメリット

細かいビーンズ入りの抑毛ジェルを脱毛箇所に塗ってからフラッシュ脱毛器で照射していくので、大きな肌ダメージや痛みが伴わないのがメリットで、同時に肌を美白する効果もあるので、美肌と脱毛が一体化したシステムとも言えます。

フラッシュ脱毛のデメリット

ただフラッシュ脱毛は、他のレーザーやニードル脱毛と比較すると一番肌に優しく働きかける手段になる事から毛根組織を破壊する力までは持たず、永久脱毛は不可能です。

又、ムダ毛の自己処理から解放されるには少なくとも1年半から3年程度の施術期間が必要になるため、ある程度長期間に渡ってのスケジュール調整が必要になり、サロンの予約がスムーズに取れなければ、どんどん脱毛期間が長引く恐れもあります。

しかし、フラッシュ脱毛器は黒い色素に強く反応する性質があるので、太くしっかり生え揃った剛毛には大変効果は高く、逆に薄い産毛や白髪の脱毛に弱い一面があります。

そしてフラッシュ脱毛の場合は光の波長の幅も広いので、毛の太さが異なったムダ毛にも短時間で広範囲照射できるため、全身脱毛に一番向いてる事も特筆すべき点になります。

2.レーザー脱毛(医療脱毛)

09レーザー脱毛は、毛乳頭などの細胞組織にピンスポットでメラニン色素に反応するレーザー光を照射する形式で、その発した熱で毛母細胞から毛乳頭まで幅広い毛根組織を破壊する事で永久的な脱毛効果を出せます。

レーザー脱毛のメリット

レーザー脱毛の場合は、エステサロンでは通常扱えない光出力の高い機械を医師の監督の下で用いる事ができ、サロンのフラッシュ脱毛よりもワンランク上のムダ毛の処理効果が期待できます。

レーザー脱毛のデメリット

ただ毛根をレーザー光の熱で焼却する力は大変強いので、脱毛後は肌が赤く火照ったような一時的なダウンタイムがあり、施術中は少々痛みを感じやすいです。

原則としてフラッシュ脱毛のように事前にジェルを肌に浸透させたり、保湿トリートメントする作業工程がないので、肌が弱い人は施術が受けにくい点もデメリットです。

しかしサロンに3回通う分の効果がレーザー脱毛1回分の効力に当たるので、約5,6回の施術でほぼ無毛状態になる高い脱毛効果が実感でき、その分クリニック通いする回数が短くなります。

そして医療レーザーで一度施術した毛穴からは二度とムダ毛が再生されないメカニズムになっているので、自己処理する義務から完全に解放される事で、同時に肌も綺麗になっていく一石二鳥の効果があるのがレーザー脱毛の特長とも言えます。

3.ニードル脱毛(電気脱毛)

10ニードル脱毛は昔から続いている歴史ある脱毛法の1つになり、1つ1つの毛穴に特殊な針を挿入し、その針に弱い電気を流して発毛元の毛乳頭を直接破壊する方法になります。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛は、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛のような最先端技術と違って手作業で針を毛穴に1つ1つ通していくので、脱毛完了するのに大変な所要時間が掛かる分、今後二度とムダ毛が生えて来ない確率がレーザー脱毛よりも低いほどに、極めて高い永久的な脱毛効果があります。

またニードル脱毛は、黒い色素に強く反応するフラッシュ脱毛や医療レーザーとは違い、日焼け肌やタトゥ—などが入った色素沈着がある肌にも施術できるのが強みで、脱毛士の技術が高い所なら納得のいく完璧な脱毛効果が得られるでしょう。

そしてニードル脱毛は、施術前は毛をある程度伸ばしておく必要があるので、シェービングにあまり気を配らなくていい部分もメリットです。

ニードル脱毛は、好みのヘアスタイルに調整するために毛を減らしたり残しておく事もできるので、毛の量にこだわりがある人にも向いている脱毛法です。

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛は、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛と比べても緻密なコツコツと手間暇かけた脱毛作業になり、費用がどうしても高額設定で痛みも伴うので、全身脱毛にはむいておりません。